和泉の「公園」の口コミ (くちこみ) 情報

2019年06月25日現在、9件の情報があります。
小栗街道
元の情報 小栗街道
情報提供日2004年 05月 02日
情報提供者ヨシオカ(秘密 秘密 秘密)
小栗街道ウォーキング

和歌山県・奈良県の「熊野・高野・吉野」が6月にユネスコの世界
遺産に登録される動きの中で、和泉市内を通る小栗街道(熊野街道
)を再発見するウォーキングを行います。

日時:2004年5月16日(日)午前9時〜午後4時

集合:サン燦プール前駐車場
和泉市上町584−1
JR阪和線「北信太駅」から東へ約3km (府営北信太住宅と併設

地図
http://www.bunjyo.jp/data/izumi/sports/sisetsu/sun.htm

内容:事前解説〜小栗街道を散策〜信太の森ふるさと館〜篠田王子
・小栗地蔵・笠懸松腰掛け石〜小栗の湯・昼食〜明けの坂・後鳥羽
院歌碑・空池・平松王子〜泉井上神社・御館山公園〜井ノ口王子〜
小栗橋

※昼食は各自で持参ください

参加費:500円(保険代・資料代)

申込:4月12日(月)から人権国際課で電話受け付け

問:和泉市役所人権国際課
TEL.0725-41-1551(代)

広報いずみ p.11
http://www.city.izumi.osaka.jp/
http://www.city.izumi.osaka.jp/koho/kohoizumi04-04.pdf


Re:どっかフリマやってない?
元の情報 Re:どっかフリマやってない?
情報提供日2004年 05月 01日
情報提供者まり(秘密 秘密 秘密)
和泉市の池上曽根遺跡公園でやってますよ。


いずみの国太鼓クリエイション やよい祭2003
元の情報 いずみの国太鼓クリエイション やよい祭2003
情報提供日2003年 05月 02日
情報提供者池上曽根史跡公園協会(和泉市 秘密 秘密)
夜のステージを復活させて、今年もドンドコやります!心に響くス
テージをあなたに!
日時    5月4日(日)10:00〜16:30(夜間ステー
ジは18:30〜)
5月5日(月)10:00〜17:00
場所    池上曽根史跡公園和泉市池上町 JR阪和線信太山
駅下車)
主催    いずみ太鼓振興事業実行委員会
主な催し    4日 
10:00〜16:30
 ・特設ステージではダンスや音楽などが繰り広げられます。
 ・ふれあい教室ではチラシをまいて、色々なものをつくれるひね
もす工房が登場。新しい創造アソビを体験してください。直販有。

弥生学習館出前講座では、楽しいまが玉づくりが無料で楽しめます
。(当日会場で受け付け、整理券配布)
 ・広場では弥生バザールとして、特産品や企業出店による物販、
大フリーマーケットが会場せましと繰り広げられます。   
18:30〜 和太鼓クリエイティブセッション  
第1部 「葛の葉異聞 〜安倍晴明誕生〜」
和泉市に伝わる「葛の葉伝説」。陰陽師・安倍晴明の生誕にまつわ
る伝説を、和太鼓と語りと舞いで表現。
語り: 浜村 淳 舞: 日本舞踊アカデミーASUKA
音楽: 岡 隆一郎(KANADE) いずみ太鼓 鼓聖泉
第2部 いずみ太鼓コンサート「MUSUBI −結−」
いずみ太鼓 鼓聖泉   KANADE
---------------------------------------------------------
5日
10:00〜14:00 特設ステージでは子どものための楽しい
ステージがあります。
15:00〜  「いずみどんど鼓」 青少年のための和太鼓フェ
スティバルです。
広場では和泉青年会議所の企画で「らくがき大賞」が催されます。

弥生バザールと弥生学習館出前教室もひきつづきございます。
また5日は拡大して第2会場として弥生学習館と前の広場で「弥生
こどもまつり」が開催されます。


新屋英子ひとり芝居「ヒミコ伝説」
元の情報 新屋英子ひとり芝居「ヒミコ伝説」
情報提供日2001年 11月 23日
情報提供者人権資料室(和泉市立人権文化センター)(和泉市 秘密 秘密)
新屋英子ひとり芝居「ヒミコ伝説」

日時:12月1日(土) 13:30開演
場所:和泉市コミュニティセンター 3F多目的ホール
参加費:1000円

主催:和泉女性100人委員会
和泉市人絹啓発推進協議会エンパワメント活動助成

《脚本・演出》  鶉野昭彦(劇作家・演出家。劇団野火の会代表。)
「ヒミコ伝説」「鞍馬天女」「赤い鳥ひとり」「燕よ、あの人に伝えてよ」「六花物語」など、数多くの、反差別・人権問題を描いた演劇作品を発表。連日のように全国縦断公演活動を続けている。脚本家としても、たくさんのテレビ・ドラマ、ラジオ・ドラマを発表。これまでに受賞15回。

《出演者》  新屋英子
☆代表作の「身世打鈴」は、初演から26年、上演回数も1700回を超える。「わたしの蓮如さん」は100回。夫・鶉野氏とともに氏の作品の主演者として連日精力的に公演を続ける。
☆「学校」「やんちゃくれ」等映画・テレビなどの映像メディアでも活躍中。
☆「荷車の歌」で大阪府民劇場賞、「藤戸」で大阪府・大阪市文化祭賞受賞。著書に、「身世打鈴」(手毬文庫)、「演じつづけて」(解放出版社)。
☆全国各地を巡演しているが、あらゆるところで不意に、「新屋さん!」と声がかかる。「ひとり芝居、観たよ!」「テレビ観たよ!」と握手を求めてくる人たちの笑顔を見ていると「よしッ、もっとガンバロウ!」と勇気が湧いてくる。

《あらすじ》
ヒミコは女手ひとつで息子のアキラを育て、今は公園の掃除婦をしている。そのヒミコが、公園のベンチに、ドッコイショと腰をおろすと、時代を行きつ戻りつしながら彼女が生きてきた波瀾万丈の人生を、自ら語り始める! ヒミコの家の生活はどん底、苦しかった。小学校を中退してより、あらゆる職業につきながら、働きつづけの人生。最初の亭主には逃げられ、二度目の亭主は追い出す。
 それでもヒミコは母親イネと息子アキラと一緒に生きねばならぬ!戦前戦後の様々な歴史を織り込み、ヒミコの生きた時代が浮かび上がる・・・。
 そして、時代はいま、ヒミコは「インテレ」の嫁裕子さんと、激しくもユーモラスな<嫁姑>の戦いの日々である。 在るとき、父親が死に際に呉れたお守り袋を嫁が見つけた。
 そのお守りの中身とは?
まだまだ、男性優位の日本社会。夫のエゴや社会の変動にもて遊ばれて、小船のように揺れて漂うヒミコ。学もなく字も読めないヒミコに、世間の荒波は容赦なく押し寄せる。だが、ヒミコは挫けない。ナニクソ! 差別されてたまるか! 同じ人間やないか、と女張って、「明治・大正・昭和」と、生き抜いてきたヒミコ。そこに悲壮感はない、人間への愛情を無限に感じさせる、逞しい明るさがある!
「ヒミコ伝説」は、涙と笑いを誘いながら、人間とは何か、人間はいかに生きるべきかを、鋭く問いかける舞台である。
(※詳細はチラシを参照してください。)

第6回 『歴史・文化・人権』ウォーキング
元の情報 第6回 『歴史・文化・人権』ウォーキング
情報提供日2001年 10月 20日
情報提供者人権資料室(和泉市立人権文化センター)(和泉市 秘密 秘密)
第6回 『歴史・文化・人権』ウォーキング

日程:2001(平成13)年11月11日(日) 午前9時〜午前4時

■定員:200名(小雨決行/定員になりしだい締めきります)
■コース:信太山方面 〜秋の自然散策〜

市立人権文化センター → 信太千塚(太平学園内) → 蔭涼寺 → 信太山惣ヶ池湿地公園 → 惣ヶ池遺跡公園 → 聖神社・鏡池 → 黄金塚 → サン燦プール → ゴール
(約8キロメートル 短縮コースもあります)

★集合場所・時間 市立人権文化センター (午前9時)
★受付場所    午前9時から市立人権文化センターで受け付け
★出発時間    午前9時30分 市立人権文化センター出発
★終了時間    午後4時(予定)
★参加費     300円(保険料・資料代など)当日受付で徴収します。
★申し込み    10月22日(月)から定員に達するまで和泉市役所人権政策課で電話受け付け。
★持ち物     弁当、飲み物、帽子などの必要なものは各自で準備してください。

主催:『歴史・文化・人権』ウォーキング実行委員会 TEL0725(41)1551 和泉市役所人権政策課
※雨天の場合のお問い合わせは、和泉市役所 TEL0725(41)1551(午前7時〜9時)


※詳しくはチラシを参照してください。


ダッシュツアー(フィールドワーク)のご案内
元の情報 ダッシュツアー(フィールドワーク)のご案内
情報提供日2001年 08月 02日
情報提供者NPO法人ダッシュ (和泉市 秘密 10代未満)
ダッシュツアー?@「弥生古墳文化と現在の在日コリアン」のご案内

 和泉にある弥生時代、古墳時代の遺跡をめぐりながら、渡来文化が日本の古代文化の基礎になっていることを学びます。そして焼く200年前の渡来者が尊敬されたのにくらべ、約10年前に渡来した現在の在日コリアンの問題とも対比させます。在日コリアン1世の施設もたずね、多文化共生のまちづくりも考えていきます。

【日時】 8月12日(日)午前9時〜午後4時(雨天決行)
【参加費】おとな2000円、中学生以下1000円
【昼食】持参してください。
【フィールドワーク】(予定)
池上曽根遺跡史跡公園/伯太神社/ムグンファハウス/信太千塚/狐塚/惣ヶ池遺跡/志保池公園(須恵器窯跡)/黄金塚 など
※移動はマイクロバスを利用します。
【問い合わせ】NPO法人ダッシュ npo_dash@hotmail.com

Re[2]:わんぱく公園
元の情報 Re[2]:わんぱく公園
情報提供日2001年 04月 18日
情報提供者ふくさん(貝塚市 男性 40代)
> 貝塚からだと40分弱位!?高速代1200円
 
貝塚(トイザラスあたり)からニ国走って、どん突き左折、阪和道泉南入り口の見える信号を左折(右折でも行けるはず)して、和泉鳥取の駅傍を経由していっても、約40分で行けるはず!
なんも高速使わいでも…

コロコロのついた滑り台、かなり長いんで、子供は大丈夫かも知れへんけど、大人やったらダンボールかなんか持って行かんと、尾底骨のへんの皮が剥けまっせ。
私はそんなん知らんと子供と遊んどったら、しかっり剥けて出血したので、1週間くらい恥ずかしながら女性の**用品を貼り付けて行動しとりました。

Re[3]:わんぱく公園
元の情報 Re[3]:わんぱく公園
情報提供日2001年 04月 18日
情報提供者hiro-y (貝塚市 男性 30代)
> 貝塚(トイザラスあたり)からニ国走って、どん突き左折、阪和道泉南入り口の見える信号を左折(右折でも行けるはず)して、和泉鳥取の駅傍を経由していっても、約40分で行けるはず!
> なんも高速使わいでも…
うん!うん!道は知ってま!
山中渓の峠越でもいけるなあ〜
しかし、、時は金なり!(笑)
遊びに行くのに関係ないかあ??


> 恥ずかしながら女性の**用品を貼り付けて行動しとりました。
ふくさんありがとう!
行く時は心得て行きまっさあ〜〜。。

エエ経験しはりましたな・・・(-_-;)

hiro-y

催しもの泉佐野 10月カレンダー
元の情報 催しもの泉佐野 10月カレンダー
情報提供日2000年 10月 02日
情報提供者渡駒誠(泉佐野市 秘密 秘密)
泉佐野周辺の催しをまとめました、10月は、盛りだくさん。
(詳細と日程のご確認は、URLの市報や商工会議所などで
ご覧願います。)

特に22日は、多い!
−−−−−−−−カレンダー−−−−−−−−−
10月7,8日(ちいきによっては、9日)
●泉州地域一帯の、だんじりまつり かいさい
(各町)

10月7日(泉の森 小ホール)
●「わたしも主役」劇とパネルディスカッション
(いずみさの女性センター主催:企画大阪府男女協同社会づくり財団)
詳細は、女性センターへ。

10月15日(歴史館いずみさの)
●泉佐野歴史教室
 江戸時代の「和泉国正保国絵図」

10月20〜22日(りんくうゲートタワービル)
●ECビジネスフェアかいさい(商工会議所)
ビジネス関連に興味ある方へ!
http://www.rinku.or.jp/izumisano-cci/charanji/

10月21日〜11月26日(歴史館いずみさの)
●【特別展示】
水にかける想い〜和泉と水・雨乞いを中心に〜
特別講演会11月3日有り。
(歴史館いずみさの主催)

10月22日(りんくうパパラ イベント広場)
●地球festa わっしょー(ICA主催)
りんくうフォーラムも参加

10月22日(末広公園グラウンド)
●泉佐野子どもまつり(こどもまつり実行委員会)

10月22日(JA泉佐野市本所:JR日根野駅山側)
●泉佐野”タオル青空市場”(日根野大土タオル振興会)
タオル1g=1円市です。でも安いよ!おまけもあるかも!

10月22日(センタービル)
●リサイクル市(消費生活センター)

10月22日(末広公園コミュニケーション広場)
●チャレンジ・ザ・ウォーク
地球環境問題について考えよう
(市民総合体育館)

10月22日(ふるさと町屋館:旧新川家住宅)
●第5回 百人茶会
(ふるさと町屋館:協力 泉佐野市文化協会茶華道連盟)

10月22日(新井家住宅:登録文化財 中庄)
●暮らし方研究会 第51回文化セミナー
手打ちそばを食べながらゆっくりと
(電話で暮らし方研究会)

10月27日(金曜日:泉の森ホール)
●商工祭
俳優:津川雅彦殿が、来るようです。
【家康に学ぶ企業経営のイロハ】
津川氏は、日根野ジャスコに出店しています。

10月29日(新井家住宅:登録文化財 中庄)
●和ぁ すてき(着物)着てきてね!
(いずみさの女性センター)

以上、すべて、「いずみさの市報」で、ご確認願います。
(まだ、まだ、有ります。)
●いずみさの市報(最新10月号)
http://www.city.izumisano.osaka.jp/f_new/f_sihou.html
もうすでに、変わっているようです

●ここからは、市民としての愚痴です。お許し願います。
●10月22日は、いろいろな催しがあるようです。
だれか、これをすべて、見ている人が、いるのだろうか?
もうすこし、時期調整をしたいただけるとか?
(市民の動きをどうとらえているのか?)

【10点22祭】に”名”を変えてしまえば、良いのかもしれません。
連携すれば、もっとヒトが、あつまるだろうに!

そして、泉佐野中心で、ごめんなさい。

ほかに、いくつも有ると思いますが、

いっそのこと、
9月〜11月を【泉州・りんくうまつり】にでも
すれば、良いのですが?とおもって、しまいます。
もっと、予算もとれるだろうに!

市民まつりは、中止だそうです。(そうは、思えない内容です。)