和泉の「祭り まつり」の口コミ (くちこみ) 情報

2019年10月14日現在、10件の情報があります。
Re:ワイルドスクラッチさんの出店
元の情報 Re:ワイルドスクラッチさんの出店
情報提供日2006年 07月 12日
情報提供者みゆ(和泉市 女 20代)
市民祭りって毎年してるのかな?見に行きたいな

セミナー「堺文化の広がりと祭り
元の情報 セミナー「堺文化の広がりと祭り
情報提供日2007年 06月 23日
情報提供者堺なんや衆(堺市 秘密 秘密)
市民活動団体“堺なんや衆”では、連続セミナー「堺文化の広がりと祭り」− 文化・まちづくりにおける祭りの重要性 −  を開催します。


第1回セミナーは、明後日の24日(日)です!

当日参加も大歓迎です!
お時間のある方は、ぜひお越し下さい!!


■第1回 セミナー「堺市内の祭りの歴史」
 - 堺市内でもこんなに違う、祭りの形式 -

・ 日時:2007年6月24日(日) 14時〜16時(13:30〜受付)
・ 会場:堺市総合福祉会館 第3会議室
(堺市堺区南瓦町2-1 Tel 072-222-7500)
・参加費:1,000円
・ 講師:関西大学 黒田 一充教授
(関西大学文学部 総合人文学科 歴史学専修)

・申込み:メール(<a href="mailto:info@sakai-nan-ya.net?subject=セミナー申込み">info@sakai-nan-ya.net</a>)またはFAX(ホームページで案内)

▼<a href="http://www.sakai-nan-ya.net/" target="_blank">堺なんや衆ホームページ</a>


▼セミナーの目的:
「ものの始まりみな堺」と言われたように、技術・文化の発信地であった中世・堺。現在でも親しまれている多くの技術・文化が「堺」で生まれ、全国に広がって行きました。当時の技術・文化の広がりは、「人の移動・移住」と密接に関係し、堺の職人・商人が全国各地に活動の場を広げるとことに伴い、技術・文化も広がり、その土地に根付いて行ったと考えられます。現在でも全国各地に「堺」「境」「和泉」という地名・町名が多く残っていることからもその様子がうかがえます。

祭り」は中世以降、「神事」のみならず「文化的側面を持つ祭り」が民衆の暮らしとともに発展・変化し、そして伝承され、地域社会の重要な文化となっています。また、最近では「イベントとしての祭り」が全国各地で催されるようになり、新しい文化として発信されています。このように現在では「祭り」は、まちづくり・人づくりにおいて重要な役割を果たしています。

今回の事業では、セミナーなどを通して、「祭り」の歴史、堺の文化・技術の広がりと日本全国の「祭り」との関連性、そして、失われつつある地域社会のコミュニティとの関係などを学び、今後どのような「まちづくり」「人づくり」をしていくべきなのか、ということを皆様と一緒に考えてみたいと思います。


▼今後の予定

○第2回 セミナー 「堺文化・技術の広がりと全国の祭り
・ 日時:2007年7月15日(日) 14時〜16時(13:30〜受付)
・ 会場:堺市総合福祉会館 大研修室

※ 併設:全国の祭礼ポスター展


○第3回 セミナー 「まちづくりにおける祭りの重要性」
・ 日時:2007年8月5日(日) 14時〜16時(13:30〜受付)
・ 会場:堺市総合福祉会館 大研修室


○第4回 パネルディスカッション 「時代の流れとこれからの祭り」 - 伝統と、新しい文化・まちづくり-
・ 日時:2007年11月18日(日) 14時〜16時(13:30〜受付)
・ 会場:堺市総合福祉会館 大研修室


和泉市の盆踊りは??(和泉市民祭り
元の情報 和泉市の盆踊りは??(和泉市民祭り
情報提供日2005年 07月 28日
情報提供者チャキ(秘密 秘密 秘密)
来年和泉市から引っ越してしまうので、今年の夏が和泉市で過ごす最後の夏です。
なので小さい頃からずっと行ってた「和泉市民祭り」に今年は浴衣を着て行きたいなぁと思ってるのですが、何故か情報が入ってきません。
もしかして、今年はないのでしょうか?
だとすれば、すごく残念です。
和泉市のHPを見ても何も書いていません。
どなたか知ってる方いませんか?

Re:和泉市の盆踊りは??(和泉市民祭り
元の情報 Re:和泉市の盆踊りは??(和泉市民祭り
情報提供日2005年 07月 28日
情報提供者市民歴19年(和泉市 男 20代)
残念ながら、2年前をもって実行委員会は解散しちゃってます。 昨年の広報いずみに小さいながら掲載されてました。 昨年から市民祭り自体が中止されてます。
引っ越し先には祭りがあるといいですね。

★韓国伝統仮面劇公演
元の情報 ★韓国伝統仮面劇公演
情報提供日2004年 04月 08日
情報提供者ヨシオカ(和泉市 女性 20代)
韓国伝統仮面劇公演

衡平社創立80周年記念創作仮面劇「白丁」
●○公演日程(住吉区/和泉市)○●

●2004年4月24日(土)午後2時-4時30分
大阪市立住吉人権文化センター
韓国仮面劇・文化交流のつどい

韓国晋州で受け継がれてきた民衆による仮面劇(20世紀の初めに
最も差別されてきた「白丁(ペクチョン)」の身分解放運動を題材
にした創作仮面劇)とサムルノリを住吉で公演。住吉からは、伝統
ある江州音頭による盆踊りで返礼します。民衆同士の文化交流を楽
しもう。

日時
 4月24日(土曜日)
 午後2時開演(午後1時半開場)
場所
 住吉人権文化センター・ホール
内容
 サムルノリ、仮面劇、住吉地区盆踊り
出演
 晋州五廣大(チンジュオグァンデ)保存会
 住吉地区盆踊り保存会
定員
 350名(先着順) ※無料
主催
 韓国仮面劇文化交流住吉・住之江実行委員会
後援
 世界人権宣言大阪連絡会
お問い合わせ
 住吉人権文化センター
 〒558-0054 大阪市住吉区帝塚山東5-3-21
 TEL 06-6674-3731
 FAX 06-6674-3710
 bunkac@sumiyoshi.or.jp
 http://www.sumiyoshi.or.jp/


●2004年4月25日(日)午前10時-午後5時
和泉市立人権文化センター(ゆう・ゆうプラザ)
大阪府和泉市伯太町6-1-20
JR阪和線「信太山」駅下車徒歩5分

* 午前10時から ワークショップ 1.韓国の文化・言葉・遊び体験 2
.和太鼓体験交流 3.日韓の人権運動
* 午後1時-4時30分 公演 仮面劇「白丁」
参加協力券 500円
*韓国・朝鮮料理の模擬店が出ます(正午-午後1時)
詳細は 仮面劇「白丁」公演実行委員会(和泉市立人権文化センター
)
tel 0725-44-0030
http://www.ican.zaq.ne.jp/m471560


部落解放人権研究所
http://www.blhrri.org/

世界人権宣言大阪連絡会議
http://www.blhrri.org/news/sejindai/sejindai.htm

韓国 晋州五広大保存会の創作仮面劇公演「白丁(ペクチョン)」 

http://www.blhrri.org/topics/topics_0077.html

私たちが仮面劇の文化運動をする理由-21世紀の文化運動と人権運
動-
鄭炳勲(チョン・ビョンフン)
(韓国・慶尚大学哲学科教授、晋州五広大(チンジュオグァンデ)
(仮面劇)保存会会長)
http://www.blhrri.org/info/koza/koza_0101.htm



 創作仮面劇「白丁(ペクチョン)」

 仮面劇は、歌と踊り、芝居や遊び等様々なジャンルをまじえた芸
能として、朝鮮半島の民衆に受け継がれ発展してきました。
 巫俗の儀礼から発展したという説もあり、正月や端午の節句など
の季節の区切り目の祭りで、厄払いの意味も備えながら、地域の共
同体を活気づけるため演じられてきたのです。
 主に、円座になった観客に囲まれた野外舞台で同じ視点の高さで
演じられ、演者と観客が一体となることができる独特の雰囲気を醸
し出します。仮面劇はタルチュム(仮面の舞)とも呼ばれるように
、踊りが主になる部分と、台詞をもつ演劇の部分から構成され、オ
ムニバス形式になっています。
 単なる面白おかしい芸能としてだけではなく、社会への風刺の念
がおどけた表情の仮面にも強くこめられています。特に厳しい身分
制度社会の中で、特権階級に対する批判が表れています。社会の矛
盾に対するやるせなさを表現しているため、笑いと涙と共に、生き
る勇気を生み出す劇として民衆に愛されてきました。
 今回紹介する創作仮面劇「白丁(ペクチョン)」は慶州南道の晋
州五広大をアレンジしたものです。
 「白丁」とは朝鮮半島の被差別民を表す言葉で、今日も白丁に対
する社会意識としての差別観念は残っています。
  この作品は、「衡平社」を創立した過程や、両班(ヤンバン=
貴族)や一般大衆に虐げられ搾取された白丁の様子を、踊りや笑い
を交えて表現しています。 昨年4月、衡平運動80周年を記念し
韓国の晋州で上演された作品で、今回は大阪に晋州五広大保存会の
メンバーを招き、上演を依頼しました。
 仮面劇「白丁」は5幕で構成されています。
 第1幕「天への導き」は、動物の命を奪いながら生きるしかなか
った白丁たちが、動物の霊魂を天に導く踊りで、場の「不浄」を取
り除くサルプリチュム(恨を解き放つ儀式の舞)を通じて幕を開き
ます。
 第2幕「日常」は、身分制度による白丁たちの恨にあふれた日常
と、風流を楽しむ両班たちが繰り広げる日常が交錯して表現されて
います。
 第3幕 「市場」は物売りの独特な口上が飛び交う晋州の地方の
市場での人間模様が表され、白丁と両班の間である事件が起こりま
す。
 第4幕「風」は、朝鮮後期に東学農民抗争が起こり社会改革は加
速したが、白丁への差別と弾圧は続く、変わらない現実を演じます

 最後の第5幕「衡平」は、衡平社が創立され、身分差別を克服す
る活動が本格化する中、牛肉不買運動やテロなどの妨害を受けなが
らも、平等な社会を求めてあきらめない白丁のたくましい姿を表し
ています。


恋しくば
元の情報 恋しくば
情報提供日2004年 02月 05日
情報提供者葛葉(和泉市 女性 20代)
伝承文化公演 「しのだ妻」の世界

信太の森のふもとで踊り継がれる「葛の葉子別れ−安倍晴明出生譚
−」で名高い信太山盆踊りと、説経「しのだ妻」を元にした語りの
競演。

【演目出演】
「葛の葉子別れ」信太山盆踊り保存会
「槇尾山幟上げ音頭」槇尾山幟上げ音頭保存会福寿支部、
水上勉訳「説経『しのだ妻』」横山光子(語り)鵜飼充章(音楽)


【日時】2004(平成16)年3月7日(日)午後2時開演
【会場】和泉市立市民文化ホール <<入場無料>>
 和泉市伯太町6-1-20
 和泉市立人権文化センター(ゆう・ゆうプラザ)2F
 JR阪和線「信太山(しのだやま)」駅から徒歩5分
【主催/問合】和泉市立人権文化センター
→詳細 http://www.ican.zaq.ne.jp/m471560


「しのだ妻」(「葛の葉物語」)のあらすじ

 約千年余り前、今の大阪市阿倍野区の里に阿倍保名が住んでいた

 父は豪族であったが人にだまされ所領を没収されたので、保名は
家の再興を願い、当地信太森葛葉稲荷に日参していた。
 ある日のこと、数人の狩人に追われた一匹の白狐を助けた。その
とき保名は手傷を受け、その場に倒れた。
 白狐は葛の葉という女性に化け、保名を介抱して、家まで送りと
どけた。それから数日後葛の葉は保名を見舞い、やがて互いの心が
通じ合い、妻になり、童子丸という子どもをもうけた。
 その子が五才のとき、正体がわかり、
「恋しくば 訪ねきてみよ 和泉なる 信太の森の うらみ葛の葉

の一首を障子に書き残して、信太の森へ帰ったといい伝えられてい
る。
 この伝説にまつわる狐がおまつりされているのがこの神社で今も
人々の信仰をあつめている。
「葛葉稲荷神社の伝説」(和泉市 和泉市産業・観光商工業振興会
設置看板)より


いずみの国太鼓クリエイション やよい祭2003
元の情報 いずみの国太鼓クリエイション やよい祭2003
情報提供日2003年 05月 02日
情報提供者池上曽根史跡公園協会(和泉市 秘密 秘密)
夜のステージを復活させて、今年もドンドコやります!心に響くス
テージをあなたに!
日時    5月4日(日)10:00〜16:30(夜間ステー
ジは18:30〜)
5月5日(月)10:00〜17:00
場所    池上曽根史跡公園(和泉市池上町 JR阪和線信太山
駅下車)
主催    いずみ太鼓振興事業実行委員会
主な催し    4日 
10:00〜16:30
 ・特設ステージではダンスや音楽などが繰り広げられます。
 ・ふれあい教室ではチラシをまいて、色々なものをつくれるひね
もす工房が登場。新しい創造アソビを体験してください。直販有。

弥生学習館出前講座では、楽しいまが玉づくりが無料で楽しめます
。(当日会場で受け付け、整理券配布)
 ・広場では弥生バザールとして、特産品や企業出店による物販、
大フリーマーケットが会場せましと繰り広げられます。   
18:30〜 和太鼓クリエイティブセッション  
第1部 「葛の葉異聞 〜安倍晴明誕生〜」
和泉市に伝わる「葛の葉伝説」。陰陽師・安倍晴明の生誕にまつわ
る伝説を、和太鼓と語りと舞いで表現。
語り: 浜村 淳 舞: 日本舞踊アカデミーASUKA
音楽: 岡 隆一郎(KANADE) いずみ太鼓 鼓聖泉
第2部 いずみ太鼓コンサート「MUSUBI −結−」
いずみ太鼓 鼓聖泉   KANADE
---------------------------------------------------------
5日
10:00〜14:00 特設ステージでは子どものための楽しい
ステージがあります。
15:00〜  「いずみどんど鼓」 青少年のための和太鼓フェ
スティバルです。
広場では和泉青年会議所の企画で「らくがき大賞」が催されます。

弥生バザールと弥生学習館出前教室もひきつづきございます。
また5日は拡大して第2会場として弥生学習館と前の広場で「弥生
こどもまつり」が開催されます。


詳細追加です。
元の情報 詳細追加です。
情報提供日2001年 09月 12日
情報提供者チラシ転載(高石市 秘密 秘密)
ボランティア国際年記念『泉北ボランティアまつり
(みんな輝く社会へ。あなたのちからで 2001ボランティア国際年)

▼とき  9月24日(月:振替休日)/午前10時〜午後3時
▼ところ 高石市役所別館とその周辺
     ※雨天決行・入場無料
     ※駐車場はありますが、なるべく乗りあわせでお越しください。

第1部 (午前10時〜11時半・高石市役所別館3階ホール)
 「ボランティアと人権」講演:早瀬昇さん(大阪ボランティア協会)
第2部 (午前11時半〜午後3時・高石市役所別館1階および駐車場)
展示、発表、模擬店

 国連は21世紀の最初の年である今年を「ボランティア国際年」としました。実はこのことを国連に提案したのは、日本政府なのです。日本では1995年の阪神淡路大震災以来、ボランティア活動の重要性が認識され、いろんな分野でさまざまなボランティア活動が進められています。「ボランティア国際年」の今年、今一度、ボランティアのことを知り、交流するために、私たちは「泉北ボランティアまつり」と題するイベントを開催します。

 このイベントは次の3つの目的を持って行われます。
1)今年が「ボランティア国際年」ということを多くの人に宣伝する。
2)泉北3市1町のどこにどんなボランティア団体があるかを紹介し、交流をはかり、ネットワークを作っていく。
3)ボランティアによる取り組みが行政の事業を補い、多くの市民の生活を豊かにすること、そしてボランティア自身も自分が豊かに花開いていくこと、すなわち人権の拡充という視点で考えていくことです。

 第1部は大阪ボランティア協会事務局長の早瀬昇さんを講師に「ボランティアと人権」というテーマの講演(漫談?)。
(大阪ボランティア協会 http://cw1.zaq.ne.jp/osakavol/)
 第2部は各ボランティア団体が総意と工夫をこらした展示、発表、模擬店コーナーです。お店は有料の販売になりますが、食べ物や出し物を楽しみながら、ボランティアのこと、これからの社会のことを考えましょう。

さあ、あなたも「泉北ボランティアまつり」にいらっしゃい!ボランティアって楽しいよ! 仲間になろうよ!


《第2部出場、出展予定団体》
おでん(高石市ボランティア連絡会)  海外難民支援バザー(まどか2)  沖縄民謡・食べ物(オキナワ同好会)  紙細工実演・販売(お元気クラブ紙ぼうし)  フリーマーケット(宙の会)  マジックショー(高石マジッククラブ)  手芸品販売(たんぽぽ)  アイスクリーン(NPO法人ダッシュ)  手羽先からあげ(部落解放同盟和泉支部)  うどん(いずみフレンド館)  チャイ・バングラデシュ手工芸品販売(国際識字年推進連絡会)  バザー(ショップともに)  焼きそば(芦辺地区ボランティアグループ)  英語大型紙芝居(ICIX和泉国際交流協会)  車イスダンス(車イスダンスクラブ)  高齢者・障害者疑似体験(アイあいロビー)  手作りクッキー等の販売(手話サークルまつぼっくり)  手作りケーキ等の販売(大阪友の会)  福祉用品の展示販売(陽だまり)  炊き込みごはん(南海福祉専門学校ボランティア部)  手作り作品(ボランティア東羽衣)  子ども遊具コーナー(タッチ・サン)


□主催 世界人権宣言泉北三市一町連絡会・「泉北ボランティアまつり」実行委員会
    (事務局/高石市役所同和対策室 072-265-1001)


和泉市商工祭りじゃー――!!
元の情報 和泉市商工祭りじゃー――!!
情報提供日2000年 10月 16日
情報提供者george(和泉市 男性 秘密)
今月28・29日に、和泉市池上曽根遺跡で、<商工祭り>って言うのんが有って、たくさんの地場産業の店や、芸人、歌手なんかも来るんですよ。29日には、あの、中条きよしが来ます。

2日共、ビンゴゲームが有って、グアム旅行とか、いろんな景品が当たるよ。
暇な人は、是非、覗いて下さい!!

催しもの泉佐野 10月カレンダー
元の情報 催しもの泉佐野 10月カレンダー
情報提供日2000年 10月 02日
情報提供者渡駒誠(泉佐野市 秘密 秘密)
泉佐野周辺の催しをまとめました、10月は、盛りだくさん。
(詳細と日程のご確認は、URLの市報や商工会議所などで
ご覧願います。)

特に22日は、多い!
−−−−−−−−カレンダー−−−−−−−−−
10月7,8日(ちいきによっては、9日)
●泉州地域一帯の、だんじりまつり かいさい
(各町)

10月7日(泉の森 小ホール)
●「わたしも主役」劇とパネルディスカッション
(いずみさの女性センター主催:企画大阪府男女協同社会づくり財団)
詳細は、女性センターへ。

10月15日(歴史館いずみさの)
●泉佐野歴史教室
 江戸時代の「和泉国正保国絵図」

10月20〜22日(りんくうゲートタワービル)
●ECビジネスフェアかいさい(商工会議所)
ビジネス関連に興味ある方へ!
http://www.rinku.or.jp/izumisano-cci/charanji/

10月21日〜11月26日(歴史館いずみさの)
●【特別展示】
水にかける想い〜和泉と水・雨乞いを中心に〜
特別講演会11月3日有り。
(歴史館いずみさの主催)

10月22日(りんくうパパラ イベント広場)
●地球festa わっしょー(ICA主催)
りんくうフォーラムも参加

10月22日(末広公園グラウンド)
●泉佐野子どもまつり(こどもまつり実行委員会)

10月22日(JA泉佐野市本所:JR日根野駅山側)
●泉佐野”タオル青空市場”(日根野大土タオル振興会)
タオル1g=1円市です。でも安いよ!おまけもあるかも!

10月22日(センタービル)
●リサイクル市(消費生活センター)

10月22日(末広公園コミュニケーション広場)
●チャレンジ・ザ・ウォーク
地球環境問題について考えよう
(市民総合体育館)

10月22日(ふるさと町屋館:旧新川家住宅)
●第5回 百人茶会
(ふるさと町屋館:協力 泉佐野市文化協会茶華道連盟)

10月22日(新井家住宅:登録文化財 中庄)
●暮らし方研究会 第51回文化セミナー
手打ちそばを食べながらゆっくりと
(電話で暮らし方研究会)

10月27日(金曜日:泉の森ホール)
●商工祭
俳優:津川雅彦殿が、来るようです。
【家康に学ぶ企業経営のイロハ】
津川氏は、日根野ジャスコに出店しています。

10月29日(新井家住宅:登録文化財 中庄)
●和ぁ すてき(着物)着てきてね!
(いずみさの女性センター)

以上、すべて、「いずみさの市報」で、ご確認願います。
(まだ、まだ、有ります。)
●いずみさの市報(最新10月号)
http://www.city.izumisano.osaka.jp/f_new/f_sihou.html
もうすでに、変わっているようです

●ここからは、市民としての愚痴です。お許し願います。
●10月22日は、いろいろな催しがあるようです。
だれか、これをすべて、見ている人が、いるのだろうか?
もうすこし、時期調整をしたいただけるとか?
(市民の動きをどうとらえているのか?)

【10点22祭】に”名”を変えてしまえば、良いのかもしれません。
連携すれば、もっとヒトが、あつまるだろうに!

そして、泉佐野中心で、ごめんなさい。

ほかに、いくつも有ると思いますが、

いっそのこと、
9月〜11月を【泉州・りんくうまつり】にでも
すれば、良いのですが?とおもって、しまいます。
もっと、予算もとれるだろうに!

市民まつりは、中止だそうです。(そうは、思えない内容です。)