堺の「英語」の口コミ (くちこみ) 情報

2019年08月24日現在、1件の情報があります。
Re:岸和田弁が…
元の情報 Re:岸和田弁が…
情報提供日2006年 05月 23日
情報提供者はい(秘密 秘密 秘密)
私は高校時代に市にある学校に通ってました。
私の地元の出身の子が何人かいて、の子といっしょに
あるとき数人で談笑してました。
‥が、談笑してると思ってたのは、
私の地元の子だけで、の子は突然
「こわい‥なんでそんな怒ってるの‥?」と泣き出したのです。
私は地元を離れるのが初めてだったので、
自分達が普通にしゃべってる言葉が相手を怖がらせるとは
まったく思いつきもせず、ほんとうに衝撃でした。
その後、地元と地元以外で言葉遣いを分けるように
気をつけるようになりましたよ。
今でも地元の子としゃべる時はテンションあげます。
英語と日本語がバイリンガルの人はそれぞれの言葉によって
思考回路まで変えるそうですが、
たぶんそんな感じやと思います。
大抵はコワイ職業の人じゃないし、悪意もないし
相手を苦痛にさせる気なんか毛頭ないんですよ。
値引き交渉もコミュニケーションの一種のつもりです。
つっこみいれて欲しいが為のボケな場合もあります。
周りの人を見ながらかけあいの仕方を学ぶしかないかもね。
外国に来たみたいでしょうが、
なじんだらみんな心根は優しく面倒見の良い人が多いですよ。
嫌やったら無理にあわせる必要もないし、
本当に迷惑な事されたら、はっきり言うべきやけど、
あんまり気にせずにしてたら
いつか時間が解決してくれるのではないでしょうか?
私は最初地元から離れて、みんなよそゆきみたいな冷たい態度やと
思ったけど、実際はそんな事なかったしね。
「異文化コミュニケーション」ですね。