ログイン

堺市出身の一二三(ひふみ)慎太投手 自己最速タイ149キロ 来秋ドラフト候補

- 2009年11月21日18時26分 配信 -

一二三、自己最速タイ149キロ!帝京を完封

明治神宮大会第4日は18日、高校、大学の部でそれぞれ準決勝2試合が行われた。高校の部では東海大相模の来秋ドラフト候補・一二三(ひふみ)慎太投手(2年)が5安打完封で帝京を下し、17年ぶり2度目の決勝進出を決めた。19日はともに初優勝をかけ大垣日大と対戦する。【一二三慎太プロフィール】

 来春センバツのスター候補対決を貫禄の投球で制した。エースの一二三が帝京を5安打完封。秋季神奈川大会準決勝から8試合を1人で投げ抜いた主将は「直球が切れていた。自分が(チームを)引っ張っていかないと」と胸を張った。

 投げるだけじゃない。自己最速タイの149キロを記録する一方で初回無死一、二塁ではバント処理で素早く三塁へ送球し封殺。5回1死一塁では一塁走者をけん制で刺した。2回には先制の左前適時打。今夏の甲子園で高校1年生最速148キロを計測した伊藤が相手だっただけに「負けたくない気持ちもあった」と意地の快投だった。

 神奈川大会3回戦で負傷した右手人さし指のつめは完治していないが「痛みに慣れた」という。今月上旬には大阪府堺市内の実家に帰省し母・博子さん(52)の手作りハンバーグを朝から2枚たいらげ英気も養った。門馬監督も「もっと良くなる。これがベストとは思わない」と期待を寄せた。

 「大阪も神奈川も激戦区。それなら関東で野球をしたい」と話す浪速っ子が、神奈川の名門に初戴冠をもたらすまであと1勝だ。 【試合結果】

Yahoo!ブックマークに登録 [ 2009年11月19日 ]

このニュースに対するコメント数 0件
並び替え [投稿順 点数順]
コメントは登録されておりません。
前へ 1 次へ